メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森が金で五輪代表に 土井畑は銀 世界トランポリン女子

トランポリン女子個人で優勝して東京五輪代表に決定し、喜ぶ森ひかる=有明体操競技場で2019年12月1日、宮間俊樹撮影

[PR]

 2020年東京五輪予選を兼ねたトランポリンの世界選手権は最終日の1日、東京・有明体操競技場で女子個人決勝があり、20歳の森ひかる(金沢学院大ク)が金メダルを獲得し、東京五輪代表に決まった。土井畑知里(三菱電機)は2位。日本体操協会は選考基準で、今大会の決勝に進んだ日本勢最上位の選手を五輪代表に決めるとしている。

 森は東京都出身。14歳で出場した13年の全日本選手権で史上最年少優勝を果たした。昨年の世界選手権は個人で5位、非五輪種目のシンクロナイズドで全種目を通じて日本女子初の金メダルを獲得した。今季はワールドカップ第3戦(ロシア)で日本女子初の2位。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです