メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東御、高地トレ聖地 長野東部、標高1750メートル 「地域・五輪のため」市が整備

17年に設置された陸上トラックで走る地元の子供たち。冬はスキー場となるため、後ろの斜面にはリフトが見える=長野県東御市で、小林悠太撮影

 「東御(とうみ)」という地名が最近、スポーツ関係者の間で盛んに使われている。長野県東部の東御市にある標高1750メートルの湯の丸高原に、陸上と競泳の高地トレーニング施設が整備され、東京五輪を目指す日本のトップ選手が集まっているのだ。合言葉は「湯の丸からセンターポールに日の丸を」。メダル量産と地方創生を同時に掲げる日本初の試みは吉とでるか。【小林悠太】

 東京から北陸新幹線で約80分。JR佐久平駅から車で約1時間かけて浅間連峰を登ると、湯の丸高原に着い…

この記事は有料記事です。

残り1855文字(全文2082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです