メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン 藤本2位、ダザ初V 五輪代表タイム切れず

日本勢トップで40キロ付近を力走する藤本拓=福岡市中央区で2019年12月1日、須賀川理撮影

 第73回福岡国際マラソンは1日、福岡市の平和台陸上競技場発着のコースで行われ、エルマハジューブ・ダザ(モロッコ)が2時間7分10秒で初優勝した。藤本拓(トヨタ自動車)が2時間9分36秒で日本勢トップの2位に入った。2020年東京五輪代表資格を得る条件となる2時間5分49秒の設定タイムはクリアできなかった。

 福田穣(西鉄)は終盤の追い上げで日本勢2番手の3位。10月の世界選手権代表の川内優輝(あいおいニッ…

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文1585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  3. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです