メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立競技場ものがたり

完成までの36カ月/上 建設支えた「神宮小町」 女性チーム活躍、現場一変

国立競技場の工事に携わった広作利香さん(右)と末田優子さん=東京都渋谷区で2019年11月22日、藤井達也撮影

 一枚の写真がある。国立競技場の建設現場で2017年9月6日朝、ヘルメットに作業着姿の女性が重機の前に並んだ=写真・大成建設提供。地上工事も始まり、ピンク色のベルトや赤い作業靴の人もいる。右端で片膝をつき、白い歯を見せるのは新国立整備事業副所長の広作利香さん(48)。女性が働きやすい環境を整備する「神宮小町」と呼ばれるチームを率いた。施工管理、測量、重機操作。下請けも合わせるとピーク時、技能者や技術者ら約200人の女性が働いた。男ばかりだった建設現場の風景が変わった。

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです