メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪マラソン、追加宿泊費などはIOC負担 札幌移転で

大通公園=札幌市中央区で2019年11月1日、貝塚太一撮影

 国際オリンピック委員会(IOC)のデュビ五輪統括部長は4日、スイスのローザンヌで開かれた理事会第2日の審議後に記者会見し、東京五輪のマラソンと競歩の札幌への会場変更に伴う追加費用について「支援スタッフや追加分の宿泊などで負担を検討している」と明らかにした。

 IOCは東京都、大会組織委員会、政府と11月に開いた4者協議で、移転で発生する費用は都が負担しないことを確認した。その…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです