メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代にはばたけ

四国から五輪・パラリンピックへ 視覚障害者柔道 広瀬順子選手・悠選手 夫婦二人三脚で戦う /愛媛

二人三脚の歩みを振り返り、意気込みを語る広瀬順子・悠両選手=松山市桑原3の松山東雲女子大・短大で、木島諒子撮影

広瀬順子選手(29)・悠選手(40)

 「夫婦でメダル?」と尋ねると「メダルは順子さん担当で」。軽妙な返答に松山東雲女子大・短大の柔道場の空気が一気に和んだ。視覚障害者柔道の広瀬順子選手と悠(はるか)選手=ともに伊藤忠丸紅鉄鋼、松山市=は夫婦二人三脚で東京パラリンピック出場を目指し歩んできた。

 2016年のリオ大会に2人で出場。順子選手(57キロ級)は、パラ女子柔道で日本人初のメダル獲得という快挙を成し遂げ、凱旋(がいせん)帰国した松山空港では盛大な歓迎を受けた。一方でそれは自国開催へのプレッシャーへと変わっていった。

 「周囲は『勝って当たり前』という空気」。悠選手(90キロ級)はそう苦笑する。順子選手も「柔道が一度楽しくなくなった」といい、リオの翌年は結果が出なかった。「早い段階で負けることができたので吹っ切れた」

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです