メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
はばたけ道産子アスリート

2020五輪・パラリンピック/2 男子陸上短距離 小池祐貴 /北海道

世界陸上の男子200メートルに出場した小池祐貴選手=カタール・ドーハで2019年9月29日、久保玲撮影

素質開花、第一人者に 日本人で3人目、100メートル9秒台

 東京五輪前年の2019年7月、世界陸連主催のダイヤモンドリーグ第10戦がロンドンであり、小樽市出身の小池祐貴選手(24)=住友電工=は、100メートル決勝で9秒98をマークした。日本人の「10秒の壁」突破は3人目。高校から陸上を本格的に始めた道産子スプリンターは、東京五輪をしっかり射程に入れている。

 小学生の時は少年野球チームで白球を追い、進学した中高一貫の立命館慶祥(江別市)でも中学時代は野球に熱中したが、高校では陸上転向を決意。中学から授業で指導していた同高陸上部の顧問、日裏徹也さん(37)から短距離の基本を指導されると、1カ月後の大学主催の記録会でいきなり100メートル10秒台の好記録で道内トップの大学選手に勝ち、大器の片りんをみせた。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです