メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ2020東京

/3 車いすバスケ 秋田啓選手(29) 練習の成果に手応え 「自国開催 とても楽しみ」 /岐阜

中学生らと交流する秋田啓選手=岐阜市長良福光の長良中学校で

 車いすに座っていても、大柄な選手だとすぐ分かる。「代表、早く決まってほしいんですけどね」と、190センチを超える身長で明るく笑う秋田啓選手(29)。車いすバスケットボールで2017年以降、全ての日本代表遠征や合宿に参加する唯一の選手だ。初のパラリンピック出場に期待がかかるが、「自国開催で出られるチャンス。とても楽しみ」と気持ちを高める。

 垂井町出身。高校卒業後の18歳の時、バイク事故で左足の神経が切れ、左足は後に切断した。スポーツマンだった青年は、車いす生活を余儀なくされた。

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに132人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  5. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです