メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

垣根をなくす・山口パラスポーツ物語

/2 県障がい者スポーツ指導者協議会会長 小田智佳さん(54)=下関市 /山口

小田智佳さん

裾野広げて後押し

 2011年10月に開催された第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」は県内初の全国大会だった。1963年、1都8県の選手468人を集めた県内最初の公式大会「身体障害者体育大会山口大会」から半世紀。待ちに待った全国大会を機に、県内のパラスポーツ(障害者スポーツ)を巡る環境整備は急速に進んだ。

 「県障がい者スポーツ指導者協議会」会長の小田智佳さん(54)は、大会に向けて競技レベルの向上や、障害者がスポーツをする際の補助を担う指導員の確保に尽力した中心メンバーの一人だ。「裾野を広げて、スポーツの楽しさに触れる後押しができれば」と今も試行錯誤を重ねる。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです