メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝け!!佐賀

TOKYO2020/4 スポーツクライミング=多久高登山部 多久から世界の舞台へ /佐賀

多久高の人工壁で練習を積む樋口結花さん

 「多久から世界で通用する選手を出したい」。東京五輪で初めて採用される新競技「スポーツクライミング」で、高校生アスリートらを指導する多久高登山部の顧問、樋口義朗さん(56)は力を込める。同校には練習用の高さ12メートルの壁があり、将来有望な選手が練習に励んでいる。

 スポーツクライミングは、突起物(ホールド)が付いた垂直の壁を素手でよじ登り、制限時間内に到達した高さを競う「リード」▽到達する速さを競う「スピード」▽設定されたコースをいくつ登れたかを競う「ボルダリング」――がある。東京五輪ではこれら3種目の総合成績を競う「複合」が実施される。

 同校には「登山部スポーツクライミング班」があり、2002年に練習用の人工壁を設置。この年から顧問を…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです