メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ2020東京

/5 新体操 松原梨恵選手(26) 史上初の五輪メダルを 世界選手権「金」で自信 /岐阜

2012年ロンドン五輪の新体操団体代表に決まった時の松原梨恵選手(右側下から2人目)=平本泰章撮影

 2020年東京五輪でメダルが有力視される競技がある。19年の新体操世界選手権で、44年ぶりの団体総合銀メダルを獲得した日本代表「フェアリー(妖精)ジャパンPOLA」だ。メンバーの一人の松原梨恵選手(26)は、五輪を目指し、日々練習に励む。出場すれば、3大会連続の五輪となる。松原選手は「東京で君が代を聞けるようにしたい」と、表彰台の一番上を目指し、闘志を燃やす。

 岐阜市出身の松原選手は、3歳から新体操を始めた。市立長良中3年の時、全国中学校体育大会の個人総合で…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです