メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ2020東京

/6 新体操 鈴木歩佳選手(20) 実力磨き見事に開花 19年世界選手権ボールで金 /岐阜

母校で児童たちにリボンを教える鈴木歩佳選手(左)=岐阜県安八町立名森小学校で

 2020年東京五輪でメダル獲得が期待される新体操日本代表「フェアリー(妖精)ジャパンPOLA」。県内には、岐阜市出身の松原梨恵選手(26)以外にも代表選手がいる。安八町出身の鈴木歩佳選手(20)だ。

 鈴木選手は5歳のころ、安八町のNPOぎふ新体操クラブ(現・OKB体操クラブ)の体験教室に参加し、新体操と出合った。「曲に合わせて踊るのが大好きで楽しかった」とすぐに入部を決めたという。それから、生活の中心は新体操になった。「新体操で何か役に立つのでは」と、自らピアノのレッスンや水泳教室などにも通うようになった。

 小学校に上がると、選手として本格的に練習に取り組むようになった。「拍手をもらうのがうれしくて」と、つらい練習もいとわず、どんどんのめり込んでいった。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです