メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ2020東京

/6 新体操 鈴木歩佳選手(20) 実力磨き見事に開花 19年世界選手権ボールで金 /岐阜

母校で児童たちにリボンを教える鈴木歩佳選手(左)=岐阜県安八町立名森小学校で

 2020年東京五輪でメダル獲得が期待される新体操日本代表「フェアリー(妖精)ジャパンPOLA」。県内には、岐阜市出身の松原梨恵選手(26)以外にも代表選手がいる。安八町出身の鈴木歩佳選手(20)だ。

 鈴木選手は5歳のころ、安八町のNPOぎふ新体操クラブ(現・OKB体操クラブ)の体験教室に参加し、新体操と出合った。「曲に合わせて踊るのが大好きで楽しかった」とすぐに入部を決めたという。それから、生活の中心は新体操になった。「新体操で何か役に立つのでは」と、自らピアノのレッスンや水泳教室などにも通うようになった。

 小学校に上がると、選手として本格的に練習に取り組むようになった。「拍手をもらうのがうれしくて」と、…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです