メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ2020東京

番外編 古田肇知事インタビュー 「健康長寿社会」実現へ 県内選手ら東京で輝いて /岐阜

インタビューに答える古田肇知事=岐阜県庁で

 連載最終回は、スポーツを通じ「健康長寿の社会実現」を目指す古田肇知事に思いを聞いた。【聞き手・岡正勝】

 ――東京五輪・パラリンピックが間近です。

 2012年の「ぎふ清流国体」で競技力向上に取り組み、天皇杯・皇后杯を獲得した。成果を一過性のものにしないよう「東京」に向けて「スポーツ推進計画」を策定した。県ゆかりの選手を五輪に30人、パラリンピックに10人輩出することを目標に選手を強化指定した。

 16年リオ五輪は県ゆかりの選手が19人出場した。女子競泳の金藤理絵選手が金メダルを獲得し、5人が入賞。パラも1人が出場し、入賞した。東京五輪に48人、パラに27人を強化指定し、大会や強化合宿への参加費用などを支援している。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです