メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ/7 シッティングバレー国際審判員 八戸 競技の魅力、広めたい

国際大会で審判を務める山道律人さん=WorldParaVolley公式サイトより

英語力生かし難関パス

 八戸市立白銀南中学校の英語教諭、山道律人さん(39)が初めて東京パラリンピックの競技種目であるシッティングバレーボールを見たのは今から8年前。八戸市で東日本大会が開かれると聞き、足を運んだ。

 選手らは尻を床に着け、座ったまま腕などを使って床を滑るようにコート内を動き、相手のサーブを直接アタックなどで返球する。試合展開が速く、「今までやってきたバレーと違い新鮮だった」。

 山道さんは日本で唯一のシッティングバレーの国際審判員。東京パラリンピックでは開催国から最低1人、国…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです