メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京へ

三重から輝く/8 7人制ラグビー・伊藤優希選手 あふれる才能に将来性 後輩見守る、伊藤絵美さん /三重

 「この子はこれから伸びるだろうな」。2015年の女子ラグビー日本代表(15人制)合宿。当時、日本代表だった伊藤絵美さん(34)=四日市市を拠点とする女子ラグビーチーム「PEARLS(パールズ)」マネジャー=は、新戦力として代表入りした伊藤優希選手(23)=パールズ所属=を見て直感したという。「タックルとか体を当てるプレーでの身のこなしや、ブレークダウン(ボールの奪い合い)での動きの速さなど守備力に魅力を感じた」。あふれる才能に将来性を見て取ったのだ。

 優希選手は中学3年の時に柔道の全国大会で準優勝し、全日本柔道連盟の強化選手にも選ばれた。その道でも…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです