メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火再び

/5止 東京五輪柔道銅メダリスト 金義泰さん(78) 国より“人”で応援 /奈良

獲得した銅メダルを手に、当時の様子を思い出す金義泰さん=天理市内で、稲生陽撮影

 在日韓国人で天理大柔道部で師範を務めた金義泰さん(78)=天理市=は、柔道が初採用された1964年の東京五輪に中量級の韓国代表として出場し、銅メダルを獲得した。当時は日韓の国交正常化前。当初は批判にもさらされたという金さんには、五輪はどう見えているのか。【聞き手・稲生陽】

 ◆私は神戸市長田区出身の在日韓国人2世です。両親は韓国・釜山の出身で、父はいわゆる徴用工として半年間無給で働かされたこともあると聞いています。私の学生時代も在日コリアンが普通に就職するのが難しく、神港高校(現・神港学園高)から柔道指導者の養成コースがあった天理大に進みました。

 韓国代表として国際大会に出たのは1961年の世界選手権から。初めて国籍を強く意識しましたが、日本代…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです