メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代にはばたけ

四国から五輪・パラリンピックへ パラ・カヌー 今井航一選手 始めて2年、出場に光 /香川

東京パラリンピック出場を目指し、練習に取り組む今井航一選手=坂出市府中町で、金志尚撮影

今井航一選手(45)

 パラカヌーを始めて約2年になる今井航一選手=坂出市。当初は全く見えなかった東京パラリンピックの輪郭が、うっすら見えるところまで来た。「願わくば、出たい」。短い言葉に思いを込める。

 食品メーカーの営業職だった39歳の時、左足の膝下に悪性肉腫が見つかった。既に広範囲に侵食し、太もも半分を含む切断を余儀なくされた。歩くことの多い仕事は辞めた。

 パラカヌーとの出会いをもたらしたのは、妻礼子さん(43)だ。礼子さんはカヌーが盛んな県立高瀬高校(…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです