メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ/9 岩手・岩泉のウダイカンバ 卓球台、町の希望に 台風2度被災越え

木材の提供に尽力した松永さん(右)と佐藤さん=岩手県岩泉町の山林で

 東京五輪での採用に向けて製作が進められている卓球台に、岩手県岩泉町産の木材が使われる。林業の町・岩泉町は東日本大震災に加え、4年前と昨年の2度にわたる台風で、大きな被害を受けていた。「町の産業をどうにかしなくては。その一心で『うちの木を使ってもらえないか』とお願いに行った」と仕掛け人の松永充信さん(38)は振り返る。

 東京の家具通販会社で働いていた松永さんは岩泉町の大きく美しい木材と職人の腕に魅せられ、移住を決めた…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです