メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ 秋田大病院整形外科 秋田 バド選手、多面的支援

選手らの「カルテ」をチェックする医療チームのメンバー=秋田市で

医師、療法士ら24時間態勢

 秋田市にある秋田大医学部付属病院のリハビリテーション室に置かれたパソコンのモニターには、北都銀行バドミントン部の選手たちの顔写真が並んでいた。顔写真をクリックすると、各選手が過去にけがをした部位や手術データ、リハビリ記録などが表示されるという。整形外科の医療チームが、北都銀女子バド部の選手たちをサポートするためのデータ共有を目的に作成した「カルテ」だ。

 2018、19年と世界選手権女子ダブルスを2連覇中の永原和可那、松本麻佑両選手(ナガマツペア)が所…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです