メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ シッティングバレー国際審判員 青森・八戸 競技の魅力、広めたい

英語力生かし難関パス

 青森県八戸市立白銀南中学校の英語教諭、山道律人さん(39)が初めて東京パラリンピックの競技種目であるシッティングバレーボールを見たのは今から8年前。八戸市で東日本大会が開かれると聞き、足を運んだ。

 選手らは尻を床に着け、座ったまま腕などを使って床を滑るようにコート内を動き、相手のサーブを直接アタックなどで返球する。試合展開が速く、「今までやってきたバレーと違い新鮮だった」。

 山道さんは日本で唯一のシッティングバレーの国際審判員。東京パラリンピックでは開催国から最低1人、国際審判員を参加させることになっている。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです