メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ パラ陸上コーチ・天下谷さん 福島市 かつての自分重ね

陸上トラックでインタビューに答える東邦銀行の天下谷真弓コーチ(左)と佐々木真菜選手=福島市金谷川の福島大学で

 昨年11月、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催されたパラ陸上世界選手権。女子400メートル(視覚障害T13)決勝を前に緊張する佐々木真菜選手(22)に、いつも通り「いってらっしゃい」と声を掛けた。「気持ちがほぐれた」という佐々木選手。58秒38で4位となり、夢だったパラリンピックへ初出場を決めた。

 声を掛けたのは、天下谷(あまがや)真弓コーチ(36歳、旧姓・渡辺)。福島市の東邦銀行で広報の仕事をしながら、同行所属の佐々木選手ら障害を持つ選手や、健常者の短距離選手を指導している。佐々木選手が出場する国際大会に同行し、そばで指導してきた。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです