メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ 秋田大病院整形外科 秋田 バド選手、多面的支援

選手らの「カルテ」をチェックする医療チームのメンバー=秋田市で

 秋田市にある秋田大医学部付属病院のリハビリテーション室に置かれたパソコンのモニターには、北都銀行バドミントン部の選手たちの顔写真が並んでいた。顔写真をクリックすると、各選手が過去にけがをした部位や手術データ、リハビリ記録などが表示されるという。整形外科の医療チームが、北都銀女子バド部の選手たちをサポートするためのデータ共有を目的に作成した「カルテ」だ。

 2018、19年と世界選手権女子ダブルスを2連覇中の永原和可那、松本麻佑両選手(ナガマツペア)が所属する北都銀バドミントン部(秋田市)。同病院整形外科は18年12月から、ボランティアで北都銀バド部の医療サポートに当たっている。

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです