メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ/12止 パラ陸上コーチ・天下谷さん 福島市 かつての自分重ね

陸上トラックでインタビューに答える東邦銀行の天下谷真弓コーチ(左)と佐々木真菜選手=福島市金谷川の福島大学で

 昨年11月、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催されたパラ陸上世界選手権。女子400メートル(視覚障害T13)決勝を前に緊張する佐々木真菜選手(22)に、いつも通り「いってらっしゃい」と声を掛けた。「気持ちがほぐれた」という佐々木選手。58秒38で4位となり、夢だったパラリンピックへ初出場を決めた。

 声を掛けたのは、天下谷(あまがや)真弓コーチ(36歳、旧姓・渡辺)。福島市の東邦銀行で広報の仕事をしながら、同行所属の佐々木選手ら障害を持つ選手や、健常者の短距離選手を指導している。佐々木選手が出場する国際大会に同行し、そばで指導してきた。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです