メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ シッティングバレー国際審判員 青森・八戸 競技の魅力、広めたい

国際大会で審判を務める山道律人さん=WorldParaVolley公式サイトより

英語力生かし難関パス

 青森県八戸市立白銀南中学校の英語教諭、山道律人さん(39)が初めて東京パラリンピックの競技種目であるシッティングバレーボールを見たのは今から8年前。八戸市で東日本大会が開かれると聞き、足を運んだ。

 選手らは尻を床に着け、座ったまま腕などを使って床を滑るようにコート内を動き、相手のサーブを直接アタックなどで返球する。試合展開が速く、「今までやってきたバレーと違い新鮮だった」。

 山道さんは日本で唯一のシッティングバレーの国際審判員。東京パラリンピックでは開催国から最低1人、国際審判員を参加させることになっている。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです