メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ 町工場と教授タッグ 山形 円盤づくりに英知注ぐ

手掛けた円盤を手にする斉藤秀雄社長(左)と瀬尾和哉教授=山形県中山町の斉藤クラフトで

妥協せず挑戦続ける

 町工場の技術と研究者の理論で五輪やパラリンピックなどの用具開発に挑む強力タッグが、山形に存在する。板金塗装業「斉藤クラフト」(山形県中山町長崎)の斉藤秀雄社長(63)と、山形大の瀬尾和哉教授(50)=機械工学=だ。東京大会やその先を視野に、陸上円盤投げの円盤づくりなどに英知を注ぐ。妥協のない姿勢は、アスリートの競技力向上に一役買っている。

 ものづくりが好きな斉藤さんは「レースで鈴鹿サーキットを走りたい」と考え、1984年から地元有志と趣味でエコカーを作り、出場してきた。繊維メーカー社員から自動車修理業勤務を経て92年に独立。車の修理や板金塗装を始めたが、約20年前に瀬尾さんから研究に使う器具の製作依頼を受け、二人三脚の歩みが始まった。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです