メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ 支援施設でプロテイン生産 宮城 成分調整希望に応じ

「登米大地」が生産するオリジナルプロテイン=はらから福祉会「登米大地」提供

 筋力強化の必要なアスリートたちが飲むプロテイン。宮城県登米市の障害者就労支援施設、はらから福祉会「登米大地」では、障害のある施設利用者約30人がプロテインの生産に挑戦している。顧客の希望に合わせて成分量を調整できるのが魅力で、パワーリフティングで東京パラリンピックへの出場を目指す三浦浩選手(55)も愛飲している。

 施設を訪れると、白衣を着た利用者たちが分量を量りながら、真剣なまなざしでプロテインの材料を混ぜ合わせていた。「計量やラベル貼りなど、利用者さんの性格や器用さに合わせて作業を分担しています」と施設長の佐藤弘志さん(44)は説明する。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです