メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン歴代監督インタビュー

2020年東京五輪まで約3年。野球日本代表の歴代監督へのインタビューを通じ、稲葉篤紀監督(45)率いる「侍ジャパン」の金メダル獲得に向けた期待や課題を探る。

  • 第5回 王貞治さん「五輪競技として継続が悲願」

     ソフトバンク球団会長を務める王貞治さん(77)は2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督として日本代表を世界の頂点に導いた。大きな…

    (2017年09月02日 02:00)

  • 第4回 星野仙一さん「アマ選手にも門戸開いて」

     ◇東京五輪への金言 楽天の球団副会長を務める星野仙一さん(70)は2008年北京五輪で監督として指揮した。結果はメダル無しの4位に終わったが、厳しさを味わった…

    (2017年09月01日 02:00)

  • 第3回 松永怜一さん「守り重視から卒業を」

     ◇東京五輪への金言 元法大監督の松永怜一さん(85)は1984年のロサンゼルス五輪で監督としてアマチュアの選手を率い、公開競技の野球で金メダルを獲得した。日本…

    (2017年08月31日 02:00)

  • 第2回 山本浩二さん「チーム一つに」

     ◇東京五輪への金言 2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)監督の山本浩二さん(70)は、当時、選手だった稲葉篤紀・日本代表監督(45)…

    (2017年08月30日 02:00)

  • 第1回 長嶋茂雄さん「日の丸の精神で」

     ◇東京五輪への金言 2020年東京五輪まで約3年。野球日本代表の歴代監督のインタビューを通じ、稲葉篤紀監督(45)率いる「侍ジャパン」の金メダル獲得に向けた期…

    (2017年08月29日 02:00)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  3. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
  4. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
  5. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです