メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪 タイムライン3日目(2月10日)

  • スピード女子3000 高木美はメダル逃す
  • アイスホッケー女子 日本、初戦は惜敗

588日前に配信

ジャンプ男子NH 小林陵7位、葛西は21位

  • 五輪ジャンプ
    小林陵が7位入賞 葛西は21位

     平昌五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)で、日本勢は五輪初出場の小林陵侑(土屋ホーム)が108メートル、108メートルの合計240.8点の7位に入賞した。伊東大貴(雪印メグミルク)は103メートル、102メートルの214.7点の20位、45歳の葛西紀

588日前に配信

安倍首相が選手村を訪問

【写真特集】ジャンプ男子ノーマルヒル

スキージャンプ男子ノーマルヒル、葛西紀明の1回目の飛躍=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月10日、宮間俊樹撮影

589日前に配信

平昌五輪スタジアムへ続く通りにはバルーンの装飾

【写真特集】スピート女子3000

スピードスケート女子3000メートルの滑走を終えた高木美帆の表情=江陵オーバルで2018年2月10日、手塚耕一郎撮影

589日前に配信

金メダル第1号はカッラ

  • 平昌五輪
    金メダル第1号はカッラ 女子距離複合

     ◇平昌五輪ノルディックスキー女子距離複合(10日) 全競技を通じて今大会の金メダル第1号となったハロッテ・カッラ(スウェーデン)は「五輪のために長い間、集中してきた。とてもうれしい。信じられない」と目を丸くした。 ワールドカップ(W杯)通算12勝、30歳の実力者はクラシカル走法の前半から先頭を引っ

589日前に配信

【速報中】ジャンプ男子ノーマルヒル

【速報ページはこちら】

589日前に配信

スピート女子3000 高木美は5位

  • 五輪スケート
    高木美が5位 オランダ勢が表彰台独占

     平昌五輪のスピードスケート女子3000メートルが10日行われ、日本勢は高木美帆(日体大助手)が4分1秒35で5位、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)が自己ベストの4分4秒35で8位、菊池彩花(富士急)はオーバーペースで後半遅れ、4分13秒25で19位だった。 優勝は3分59秒21のカレイン・アクテレークテ

589日前に配信

ショートトラック男子 日本勢は予選敗退

  • 五輪ショートトラック
    日本男子3人、準決勝進出逃す

     平昌五輪のショートトラック男子1500メートル予選は吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)が4組で失格。横山大希(トヨタ自動車)も1組4着、渡辺啓太(阪南大職)も5組4着に終わり、日本勢は準決勝進出を逃した。またチェ・ウンソン(北朝鮮)は3組6着だった。 女子500メートル予選で菊池純礼(トヨタ自動車

589日前に配信

強風が吹いて寒かった…

589日前に配信

【速報中】スピード女子3000

高木美、メダル第1号なるか
【速報ページはこちら】

【写真特集】スマイルジャパンvsスウェーデン

【日本―スウェーデン】第2ピリオド、同点ゴールを決めて喜ぶ浮田(中央)=関東ホッケーセンターで2018年2月10日、佐々木順一撮影

589日前に配信

スマイルジャパン、初戦は惜敗

  • 五輪アイスホッケー
    スマイルジャパン 初戦は惜敗

     平昌五輪のアイスホッケー女子が10日行われ、世界ランキング9位の日本代表「スマイルジャパン」が初戦を迎え、1次リーグB組初戦で同5位のスウェーデンと対戦し、1-2で惜敗した。日本は第1ピリオドに先制を許したが、第2ピリオド17分に浮田留衣が久保英恵からのアシストで同点弾を決めた。しかし、第3ピリオ

589日前に配信

石田正子は14位 ノルディック女子距離

  • 五輪スキー
    石田正子は14位 女子距離複合

     平昌五輪のノルディックスキーは10日、クラシカル走法とフリー走法で半分ずつ滑る女子距離複合(15キロ)で、石田正子(JR北海道)はトップと1分19秒2差の14位だった。石田は前半のクラシカルを15位で終え、後半フリーで順位を上げた。優勝はハロッテ・カッラ(スウェーデン)が今大会金メダル第1号に。マ

589日前に配信

【速報中】スマイルジャパンvsスウェーデン

【速報ページはこちら】

589日前に配信

女子距離複合がスタート 石田が出場

【速報ページはこちら】

589日前に配信

スマイルJ 初戦の会場です

589日前に配信

国武、大久保 スロープS予選敗退

  • 五輪スノーボード
    国武、大久保 スロープS予選敗退

     平昌五輪のスノーボード男子スロープスタイルは10日、予選があり、日本選手最年少の16歳、国武大晃(STANCER)と大久保勇利(ムラサキスポーツ)が出場。国武、大久保ともに決勝進出に必要な上位6位以内に入れず、予選で敗退した。 国武、大久保はいずれも1回目、ジャンプに失敗。雪辱を期した2回目でも国

589日前に配信

大久保、2回目を滑り切っで75.05点

【速報ページはこちら】

589日前に配信

国武は2回目も失敗…決勝進出逃す

【速報ページはこちら】

589日前に配信

男子スロープスタイル予選2組 2回目がスタート

6位以内が決勝に進出できます
【速報ページはこちら】

589日前に配信

国武の1回目 2つ目のジャンプで失敗

【速報ページはこちら】

589日前に配信

大久保も1回目は失敗 ジャンプで転倒

【速報ページはこちら】

589日前に配信

【速報中】スノーボード 男子スロープスタイル予選

予選2組がスタート 国武大晃、大久保勇利が登場!!
【速報ページはこちら】

589日前に配信

ヨナさん「最大の光栄」 開会式の点火振り返る

  • 平昌五輪
    ヨナさん「最大の光栄」 開会式の点火振り返る

     【平昌・神足俊輔】9日の平昌五輪の開会式で聖火の点火役を務めたフィギュアスケート女子金メダリストの金妍児(キム・ヨナ)さんが一夜明けた10日、当地で会見し「人生最大の光栄。一生忘れない」と語った。 大役を任されると知ったのは数週間前で、観客席の最上部、聖火台の下に設けられたアイスリンクで滑る演出に

589日前に配信

プレスセンターにサイバー攻撃

  • 平昌五輪 プレスセンターにサイバー攻撃 運営に影響なし

     【平昌・田原和宏】平昌五輪組織委員会は10日、報道関係者の業務拠点となるメインプレスセンターに9日、サイバー攻撃があったことを明かした。開会式の運営や競技の進行などには影響がなかったとしている。 組織委の広報担当者によると、一部のシステムが数時間にわたり影響を受けた。詳細は専門家による調査中として

589日前に配信

男子スロープスタイル 予選1組が終了

国武大晃、大久保勇利は13時30分からの予選2組に登場 【予選1組の順位はこちら】

589日前に配信

フィギュア 五輪団体と「国別対抗戦」の違い

589日前に配信

フィギュア団体・女子SPに宮原

  • 五輪フィギュア
    団体・女子SPに宮原

     11日に行われるフィギュアスケート団体の女子ショートプログラム(SP)、アイスダンスショートダンス(SD)の出場選手と滑走順が10日発表された。午前11時45分からの女子SPに日本は宮原知子(関大)を起用。出場10チーム中の8番目に登場する。 イタリアのコストナーが7番目、メダル候補のカナダのオズ

589日前に配信

男子スロープスタイル 予選2回目がスタート

予選1回目が終了し、マルクス・クレベラン(ノルウェー)が83.71点でトップに
【速報ページはこちら】

589日前に配信

ジャンプ会場付近の風、夜にはおさまる傾向ですが...

589日前に配信

男子スロープスタイル予選がスタート

【速報ページはこちら】

589日前に配信

男子スロープスタイル予選 技術トラブルで競技開始に遅れ

589日前に配信

大舞台で復活なるか 「天才が認める天才」伊東大貴

  • 五輪ジャンプ
    復活期す「天才が認める天才」 伊東大貴

     ノルディックスキー・ジャンプ男子には「天才が認める天才」がいる。前回ソチ五輪の団体銅メダルメンバーで、平昌五輪でも自身4大会連続で日本代表に入った伊東大貴(32)=雪印メグミルク=だ。ソチ五輪は大会直前に左膝を痛め、今冬はワールドカップ(W杯)開幕戦で右肩を亜脱臼。運命にもてあそばれるように五輪直

589日前に配信

【速報中】カーリング混合ダブルス1次リーグ

【速報ページはこちら】

589日前に配信

平昌の主役 小さな守護神、藤本那菜

589日前に配信

今日から本格的に競技が始まります。

589日前に配信

2月10日の競技日程です。

【日程表はこちら】
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです