メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲

  • 大相撲名古屋場所 鶴竜、安堵の朝

     大相撲名古屋場所で7場所ぶり6回目の優勝を果たした横綱・鶴竜(33)=井筒部屋=が22日、名古屋市内で記者会見し、「あまり寝られなかったが、良い目覚めだった」…

    (2019年7月23日 02:58)

  • 横審が両横綱を称賛

     日本相撲協会の横綱審議委員会(横審)が22日、東京・両国国技館で行われ、矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は、名古屋場所を14勝1敗で制した横綱・鶴竜…

    (2019年07月22日 23:22)

  • 名古屋場所優勝の鶴竜、一夜明け「良い目覚めだった」

     大相撲名古屋場所で7場所ぶり6回目の優勝を果たした横綱・鶴竜(33)=井筒部屋=が22日、名古屋市内で記者会見し、「あまり寝られなかったが、良い目覚めだった」…

    (2019年07月22日 13:00)

  • 大相撲名古屋場所
    鶴竜けが克服、復活V 照強に敢闘賞

     ◇千秋楽(21日・ドルフィンズアリーナ) 鶴竜が白鵬との横綱対決を制し、14勝1敗で昨年夏場所以来7場所ぶり6回目の優勝を果たした。三賞は、殊勲賞が13日目に…

    (2019年07月22日 05:13)

  • 大相撲名古屋場所 優勝者の略歴

     ◇幕内(14勝1敗) 鶴竜(かくりゅう=本名・マンガラジャラブ・アナンダ)東横綱、モンゴル・スフバートル出身、井筒部屋。2001年九州場所初土俵。06年九州場…

    (2019年7月22日 05:13)

  • 大相撲名古屋場所 三賞受賞者

     ◇殊勲賞 友風(ともかぜ=本名・南友太)西前頭7枚目、川崎市出身、尾車部屋。日体大から2017年夏場所初土俵。18年九州場所新十両。19年春場所新入幕。殊勲賞…

    (2019年7月22日 05:13)

  • 「鬼門」名古屋で初制覇 鶴竜、素直に「うれしいね」

     大相撲名古屋場所千秋楽の21日、けがとの闘いを乗り越えて、鶴竜が初めて名古屋を制した。表彰式に向けて支度部屋で大いちょうを直す間も肩で息をしながら、「名古屋で…

    (2019年07月21日 21:50)

  • 白鵬の床山定年 横綱、花束でねぎらう 「優勝大いちょう」思い出に

     大相撲名古屋場所が千秋楽を迎えた21日、特等床山の2人が「最後の土俵」を務めた。 特等床山は力士のまげを結う床山の最高階級で、現役は3人。このうち、床蜂(64…

    (2019年07月21日 21:36)

  • 人気者2人 遠藤と炎鵬が技能賞

     角界きっての人気者2人が、技能賞を獲得した。遠藤は気迫あふれる相撲で3場所ぶりの2桁勝利。北勝富士の突き落としにバランスを崩したが、回り込んで右を差してこらえ…

    (2019年07月21日 21:09)

綱の失墜

待ったなし

月刊相撲

新世代大関・高安

国技の現在地

幕下が面白い

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです