メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空前の牛肉ブーム! 本当に旨い牛肉はコレだ! 全情報

「肉バル」「赤身」「熟成」。空前の牛肉ブームで、巷(ちまた)には魅惑のキーワードがあふれる。だが、本当の旨(うま)さに出合うためには、まず牛を知るべし! こう力説するのが、牛を飼う農畜産物流通コンサルタントでジャーナリストの山本謙治さん(47)だ。

 1年に31・6キロ。2016年度、1人当たりの肉類の年間消費量が過去最高を記録した。内閣府は今年4月、肉食ブームが消費者物価指数の上昇に“貢献”していると発表。電車に乗れば「肉フェス」の中吊(づ)りを、立ち食いステーキ店では長蛇の列を見ることが増えた。ブームの牽引(けんいん)役はズバリ、牛肉だ。

 だが、旨さとは別のところで肉の良しあしが判断される風潮を懸念しているのが山本さんだ。ジャーナリスト…

この記事は有料記事です。

残り2411文字(全文2734文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]