メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートフォン

「スマホ首病」が増加中! うつ・めまい・ドライアイ・頭痛…万病の原因 体調不良は首こりを疑え!

 気づけば何時間もパソコンと睨めっこ。一日中、スマホを手放せず、うつむいている。知らず知らずのうちに首の筋肉が疲労し、心身に諸症状が出てくるのが「スマホ首病」だ。国民病になると警鐘を鳴らすのは松井孝嘉・東京脳神経センター理事長。対策はあるのか。

 電車の中で新聞を小さく折りたたみ、遠慮がちに読む人をほとんど見かけなくなった。その代わり、幅をきかせているのが“スマホ族”。動画を見たり、メールをしたり、誰しも目の位置が下がり、うつむき加減だ。職場や家庭でもノートパソコンから離れられない。松井孝嘉医師によれば、こうした姿勢は首に大きな負担をかけているという。

「頭の重さは4、5キログラムもあり、それを首や肩の筋肉が支えている。うつむき加減になるほど負担は増し…

この記事は有料記事です。

残り3699文字(全文4027文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]