メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博

会場「夢洲」の環境問題 よみがえる豊洲市場の“悪夢”

大阪万博予定地の夢洲。中央奥は梅田のビル群=大阪市此花区で2018年11月17日、本社ヘリから木葉健二撮影

 2025年国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決定した。1970年以来、55年ぶり2度目の「大阪万博」が行われることに。地元の歓喜が報じられているが、会場となる人工島・夢洲が不幸な歴史を辿ってきたのはあまり知られていない。夢洲と万博の前途は─。

 11月24日午前1時(日本時間)ごろ、ロシア・エカテリンブルクとの決選投票の末、大阪開催が決定した。

「泣きません。ここからがスタートですから」

この記事は有料記事です。

残り2336文字(全文2530文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです