メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザ・インサイダー

神社本庁に激震! トップ居座りに天皇陛下ご縁者が痛烈批判

靖国神社の春季例大祭に合わせて安倍晋三首相が奉納した真榊=東京都千代田区で2017年4月21日、宮武祐希撮影

 神道の至上の立場にある天皇陛下の代替わりという大事な節目を控えるなか、全国の神社を統べる神社本庁(*1)が揺れている。あろうことか陛下のご縁者からも苦言が呈される事態になっている。そして、靖国神社前宮司から飛び出した天皇家批判の発言の波紋。神社界はたがが緩みきってしまったのか。

「責任ある立場のものが朝令暮改とは…」

「“大山鳴動して鼠(ねずみ)一匹”とはまさにこのこと、現在、神社本庁の動向は一般の新聞やテレビニュースでも話題となっている。そんな中で神社本庁のこの“体たらく”を見た一般国民は、どう思うだろう」

 10月24日に東京・代々木の神社本庁内で開かれた、同庁の議決機関「評議員会」の状況を振り返り、ある…

この記事は有料記事です。

残り5317文字(全文5623文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです