メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元村有希子の科学のトリセツ

/34 96万人が避難できるか 東海第2原発の最難関

『劣化するオッサン社会の処方箋』(光文社新書)を読んだ。著者の山口周氏は「オッサン」を、(1)古い価値観にこり固まり(2)過去の成功体験に執着し(3)目上に媚(こ)び、目下を軽視し(4)異質なものに不寛容で排他的なヒトビト―と定義し、こうした権力層が社会を牛耳る限り、日本の再生はない、と断じる。

 茨城県の東海第2原発をめぐる不可思議な状況は、まさにこの「オッサン社会」のあだ花ではないのか。福島の壊滅的な事故にもかかわらず、電力安定供給に資するクリーンエネルギーという「神話」にすがり、国策を背景に定年延長してまで再稼働を目指すという。国の安全審査は終わったが、実際にはいばらの道だ。最後に最難関の「地元同意」が控える。

 原発を造ったり増設したり再稼働したりする場合には、地元の同意を得るというルールがある。その手続きを…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文859文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです