メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のサンデー時評

安倍政治の憂鬱 風雲急! 埋め立て強行 辺野古移設問題 猿田佐世・国際弁護士 核心“対案”

辺野古沿岸部の埋め立て海域で、ダンプカーから次々と投入される土砂=沖縄県名護市で2018年12月14日午後3時35分、野田武撮影

 ▼負けるな、沖縄ジャーナリズム

基地問題の新キーパーソン 沖縄県知事訪米仕掛け人

 安倍政権は12月14日、辺野古沿岸部への土砂投入を開始した。移設反対の民意を無視し、民主主義のルールを踏みにじる暴挙である。今こそ野党は、辺野古新基地建設以外の道を探るべきではないか。米国との独自外交を展開してきた国際弁護士・猿田佐世氏に、基地問題の根本的な転換法を聞く。

 前号では、井手英策慶應大教授の「増税世直し論」を紹介した。

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです