メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンデー時評

/2 日産、官民ファンド… 不見識経営の代償=高村薫

日産自動車グローバル本社=横浜市西区で、丸山博撮影

 日産のカルロス・ゴーン前会長の逮捕で、私たちはいまどきの外国人取締役の高額報酬の実態を知ったが、同時にこの国の大企業経営の、驚くほど心もとない現状を見た気もしたことだった。

 ゴーン氏が受け取っていた年数十億円という報酬について、その額が妥当なものか否かは、一義的には企業自身が判断することである。しかし、ルノーでも報酬額が高すぎるという声が毎年上がっていたことや、日産ではゴーン氏自身が受け取り額を少なく見せかける工作を側近に指示していたことを見ると、報酬額が高すぎるという認識は、ある程度日仏の経営陣に共有されていたのだろう。

 では、高すぎると認識されながら減額されなかったのはなぜか。仮に報酬額の決定権をもつゴーン氏自身が減…

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1747文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです