メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲至極

/31 「けじめ」の語源 これは差別語か

「けじめの語源を知っていますか」と語気鋭く尋ねる参加者に、壇上の私はたじろいだ。鹿児島市で昨年11月に開かれた、『毎日新聞』への投稿ファンでつくる「毎日ペンクラブ鹿児島」の校閲講演。同クラブの平均年齢は74歳で、現在の会員は31人。この日は会員外を含む20人を前に、日々の失敗例を交えながら新聞校閲の裏話を紹介して笑いを取っていたのだが、それは答えに窮する質問だった。

 問いかけたその年配の男性によると、「けじめ」という言葉は「毛を締める」、つまり被差別民の髪の毛を束…

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです