メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里「大ピンチ」 引退覚悟の崖っぷち横綱はよみがえるか

初日黒星スタートとなり花道を引きあげる稀勢の里=東京・両国国技館で2019年1月13日、宮間俊樹撮影

「一日一番、集中して良い相撲を取れるように頑張りたい」。昨年末の記者会見でこう語った横綱・稀勢の里は、1月13日に始まった大相撲初場所に進退をかけて臨んでいる。当代随一の人気横綱は復活できるのか。角界の表裏を知り尽くすジャーナリストが迫る。

 力士生命の崖っぷち―。ただ一人の日本人横綱、稀勢の里(32、田子ノ浦部屋)が悲壮な覚悟で1月13日から始まった大相撲初場所(東京・両国国技館)の土俵に上がっている。

 稀勢の里がいかに厳しい状況の中にいるかが伝わるエピソードがある。本場所が目の前に迫っているとはいえ…

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2507文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです