メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイドショーの恋人

/特別編 香取慎吾 嬉しい「想定外」です=山田美保子

 ノーメークで挑んだのは、落ちぶれて逃げる男。主演映画「凪待ち」(6月28日公開)でパブリックイメージを鮮やかに裏切った香取慎吾は俳優としてのみならず、アーティストとしても快進撃を続ける。本誌連載でおなじみの山田美保子氏が、とどまることない意欲の源泉に迫った。

―「凪(なぎ)待ち」で演じた郁男は「今まで見たことがない香取慎吾」と話題です。どのような経緯でオファーがあったのですか?

香取慎吾 白石和彌監督と何作もタッグを組んでいらっしゃる赤城聡プロデューサーが、僕で何かやってみたい…

この記事は有料記事です。

残り4342文字(全文4582文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです