メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲至極

/54 ポーッとしてもボーッとするな

写真はイメージ=ゲッティ

 ホレるとダメだ。すべてが見えなくなる。これは異性に対しても紙面に対しても同じである。

 整った雰囲気。見るからに美しい。だが、初校から紙面点検用の大ゲラに至るまで、気を抜いてはいけない。3年前、経済面の小さな見出しを見逃した。

〈ビッグロープとニフティ買収検討〉

 KDDIが、インターネット接続サービス大手両社の買収を検討していることを伝える記事。よくよく見ると「ビッグローブ」の濁点「ブ」が半濁点の「プ」になっていた。編集者の指摘で最終版こそ直ったものの、翌日の「おわび」掲載に私の責任はかなりある。綱渡りの校閲作業。「ロープ」が見えないまま転落してしまった。

 2010年、禁煙治療用の飲み薬の名前が間違ったまま紙面になったことがある。「パレルクリン」ではなく…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1081文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです