メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲至極

/55 国?地域?チームでいこう!

写真はイメージ=ゲッティ

 外国語を学習すれば日本語についても新たな発見があるだろうと、2年前からロシア語を勉強している。ペースは亀の歩みだが、先日興味深い学びがあった。

 ラジオのロシア語講座によると、「ウクライナで」と言う場合の前置詞は、ロシアでは広場など「明確な境界のない場所」の前に付くことの多い「ナ」、ウクライナでは国など「境界のある場所」に付くことの多い「ブ」が使われる傾向にあるという。ウクライナは旧ソ連からの独立国だが、東部での紛争を巡りロシアと緊張関係が続く。前置詞の用法の違いは、2国の関係を象徴するかのようだ。

 旧ソ連の国でいえば、ロシア語風の「グルジア」から英語風の「ジョージア」への名称変更が、この春の『毎…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1141文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです