メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人間ドキュメント・季節の人たち

/24 万能細胞を信じた女性の実像=森健

 当事者取材がないと不十分な記事になるおそれはある。だが、逆にだからこそ見えるものもある。

 二〇一四年六~七月、当時注目を集めていた女性研究者の取材をしていた。同年一月末、彼女は定説を覆す衝撃的な研究結果を発表した。紅茶程度の弱酸性の溶液で刺激すると、体細胞が万能細胞に初期化される―STAP細胞と命名された論文は英ネイチャー誌に掲載された。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(当時。CDB)の所属だった。

 半月ほどすると論文に複数の疑義が出された。だが、四月の記者会見で根拠を示さぬまま「STAP細胞はあ…

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1349文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです