メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

痛みを「脳」で克服する 2300万人の「慢性痛」患者に朗報!

 体のどこかが痛いと気持ちが滅入(めい)り、何もする気が起きなくなってしまう。少し休んで回復するのならいいが、安静を保ち続けると、やがてその痛みから抜け出せなくなることがある。「痛む→安静」のサイクルから抜け出し、“痛みにくい体”を作るには―。

「原因がある痛み」「原因を治しても残る痛み」「原因が分からない痛み」の違い

安静、服薬より、小さな目標を立て脳の「報酬系」を活性化

 腰、膝、肩などの痛みが長引くことはないだろうか。病院で診てもらったけれど、原因は分からない、もしくは加齢によるものなどと言われて、消炎鎮痛剤などでごまかして毎日を過ごしている人もいるかもしれない。理由がなく3カ月以上続く痛みを「慢性痛」といい、国内で2300万人が悩んでいると推定されている。

 たとえば腰痛を患う日本人は4人に1人とされる。最も身近な痛みの一つだが、その6割以上は1年後にも痛…

この記事は有料記事です。

残り5710文字(全文6093文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです