メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
幸せな老後への一歩

/632 低い投票率と先行き暗い日本経済=荻原博子

経済評論家の荻原博子さん=中村藍撮影

 参院選では与党が71議席と改選過半数を超えたものの、投票率は48・8%と戦後2番目の低さ。政治への関心の薄さが浮き彫りになりました。そのツケは、これから私たちの生活に回ってきそうです。

 たとえば選挙後に先送りされた年金の財政検証結果が出てきたら、改めて年金の危うさがクローズアップされるでしょう。

 また、トランプ米大統領との日米貿易交渉の内容が明らかになれば、農業関係者の間に激震が走るかもしれません。

 さらに10月の消費増税が続くと、景気の腰折れは鮮明になると思われます。

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1349文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 野口が日本勢トップの2位 五輪代表内定 クライミング世界選手権複合

  4. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  5. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです