メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザ・インサイダー

激震!お笑い帝国 タブーなし!芸能地獄耳・本多圭が吉本問題の深層に斬り込む

記者会見で涙を拭う吉本興業の岡本昭彦社長=東京都新宿区で2019年7月22日午後2時45分、手塚耕一郎撮影

「闇営業」問題に端を発した“お笑い帝国”吉本興業のお家騒動。関係した芸人を処分して決着かと思われたが、大物芸人たちも“反旗”を翻すなど、事態は混迷の度合いを深めている。その背景に何があるのか。取材歴40年を誇るベテラン芸能記者が吉本の“不都合な真実”に斬り込む。

“涙”で潮目は変わった。

 問題発覚以降の経緯をざっと振り返る。詐欺グループのパーティーで100万円のギャラを受け取っていた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)。その彼が吉本興業から契約解除されたのは7月19日だった。翌日、同じく謹慎中だったロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに自弁で会見を開き、泣きじゃくりながら、岡本昭彦社長(53)から「(勝手に会見をやったら)連帯責任で全員クビにするからな」などと恫喝(どうかつ)まがいの「パワハラ発言」があったと暴露。世間の同情は一転して2人に集まった。

 看板芸人、ダウンタウンの松本人志(55)の仲介で、当の岡本氏が同22日、約5時間半の会見に臨んだ。…

この記事は有料記事です。

残り2456文字(全文2887文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  3. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  4. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  5. 公文書クライシス 「記録作らない恐れ」省庁指摘、内閣府黙殺 ガイドライン改定論議に反映せず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです