メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タピオカ、空前の大ヒット ブームはいつまで続く!? 次に来るのは懐かしのアレ…

第3次ブームを迎えているタピオカ=東京都渋谷区で2019年7月9日、待鳥航志撮影

 タピオカミルクティーが異例のロングヒットを飛ばしている。材料のタピオカが品薄になるほどの人気だが、黒いツブツブ入りのお茶がなぜこれほど売れているのか? 興味はあるけれど、オシャレそうな店に近寄れない……そんな諸氏にブームの背景を紹介しよう。

 夏に似合わぬ肌寒い平日午後4時、東京・渋谷センター街。立ち食いフード店が建ち並ぶ一角に、若者の行列ができている。タピオカミルクティーのスタンドだ。20人前後の行列の内訳は、10代から20代前半の女性と同年代のカップル。まれに若い男性の1人客もいるが、たいていは購入後、友達の輪に入っていく。完全な男性1人客や中高年男性は、記者が観察した30分間には皆無であった。

この記事は有料記事です。

残り4897文字(全文5200文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです