メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費増税 駆け込み消費で賢く買う方法 増税後ポイント還元を待つより増税前に家電を買うべき理由

消費税増税前の駆け込み需要などで足元の販売が好調な「ビックカメラ有楽町店」のテレビ売り場=東京都千代田区で2019年8月7日、和田憲二撮影

 消費税率が10月1日に上がる。食品など一部の品目は軽減税率(8%)が適用になるが、他の大部分は税率10%の重荷が家計にのしかかってくる。一方、家電量販店は駆け込み需要を見込んだセールやキャンペーンを展開中。いつ何を買うべきなのか。

 増税から9カ月間、消費者による“条件”を満たす買い物を対象に、政府は支払額の2%または5%分の「ポイント」を還元するなどの措置を取る。その条件とは、商店や飲食店など中小規模の店でクレジットカードや電子マネーなど「キャッシュレス決済手段」を使って買うことだ。

 中小規模の店で買い物をすると5%、コンビニエンスストアやファストフードなどのチェーンに加盟する中小…

この記事は有料記事です。

残り3779文字(全文4074文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです