メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のニュース最前線

米中激突 戦後「世界体制」の崩壊 戦略なき日本の処方箋 元朝日新聞社主筆・船橋洋一

倉重篤郎・本紙専門編集委員

 先週に続いて、日韓危機に直面する日本の取るべき方向性を国際情勢下に探る。日本と世界を見極めてきた船橋洋一元朝日新聞社主筆は、米中対決が深刻化する中、日本が米国から捨てられるリスクを踏まえた安全保障論議の必要性を主張。「ニュース最前線」倉重篤郎が迫る。

 前号に引き続き船橋洋一氏(アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長、元朝日新聞社主筆)に聞く。

 氏はジャーナリストの先輩だ。朝日記者時代は、『通貨烈烈』(1988年、吉野作造賞)で85年のプラザ…

この記事は有料記事です。

残り5039文字(全文5264文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです