メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

唐揚げと日本人 今や国民食

 カラリと揚がったジューシーな鶏の唐揚げはさしずめ“国民食”といえるだろう。家庭料理はもちろん、居酒屋のメニューやスーパーの総菜、冷凍食品としても定番だ。グルメ雑誌に連載を持つライターが「唐揚げと日本人」の関係を解き明かす。

 過去10年間、唐揚げの専門店が急増し、空前のブームになっていることをご存じだろうか。“唐揚げ文化”の啓蒙(けいもう)活動を続けている「日本唐揚協会」によると、専門店の数は全国で1400軒以上(2018年4月現在)。東京都内の専門店は09年にはわずか10軒ほどだったが、現在は150軒以上とおよそ15倍に膨らんだ。13年には、ハイボールに合わせて唐揚げを食べる「ハイ&カラ」キャンペーンをサントリーが繰り広げ、ヒット。唐揚げという一大消費ジャンルが出現しつつあるかのようだ。

 そもそも日本人はなぜ唐揚げが好きなのか。昨今のブームの背景から「唐揚げと日本人」の関係を考えてみよ…

この記事は有料記事です。

残り4371文字(全文4770文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです