メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福山雅治 愛は勝ち負けではないけれど…

 天才ギタリストが直面した愛と世界と運命―11月1日公開の映画「マチネの終わりに」で福山雅治氏は蒔野聡史に自らを重ね合わせ、時に苦悩しながら心の襞(ひだ)を体現した。インタビュアーは、原作となった平野啓一郎氏の小説を担当した編集者。活字と映像のあわいに斬り込む。

―試写を観ました。映像も音楽も美しく、いつまでも身を委ねていたくなる作品。原作を大事にしてくださったのが伝わってきます。

福山雅治 原作に携わった方々にとって、その作品の映像化というのは物凄(すご)く違和感があるんじゃない…

この記事は有料記事です。

残り3772文字(全文4013文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです